FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

展覧会のお知らせ「であう、つたえる を かんがえる」

展覧会のお知らせです。
一般財団法人たんぽぽの家「障害とアートの相談室」主催で 
「であう、つたえる を かんがえる」展が開催されます。 

障害者芸術文化活動普及支援事業で開催される本展に 
アトリエコーナス から
白岩直子さん、河野竜司さんが出展します。
以下、詳細です。

/////////////////////////////////////////////////////////

kyoto-top.jpg

 会  期:2020年3月20日(金・祝)〜 3月27日(金)      
     ※休館日・オープン時間は会場によって異なります
 会  場:ファブカフェ京都 アクセス
     11:00-20:00 / 22(日)、23(月)は休館 
     京都アートホステル クマグスクアクセス
     16:00-21:00 / 期間中無休 

出展財団
・社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房[滋賀] 
 ・NPO法人スウィング[京都] 
 ・特定非営利活動法人コーナス アトリエコーナス[大阪] 
・特定非営利活動法人100年福祉会 片山工房[兵庫] 
・社会福祉法人わたぼうしの会 たんぽぽの家アートセンターHANA[奈良] 
・社会福祉法人一麦会 Po-zkk[和歌山] 
企画共同立案:宮下忠也

障害のある人たちの作品や、
それが作品なのかどうかさえわからないけれど
なぜか惹きつけられる表現。
それらを一堂に集め、出会い、考え、
共有するためのワークショップを行いました。
ワークショップに参加したのは、
デジタルファブリケーション設備のあるカフェ
「Fab Cafe Kyoto(ファブカフェ京都)」と、
アートが楽しめる宿泊施設
「KYOTO ART HOSTEL kumagusuku(アートホステルクマグスク)」のスタッフたち。
彼ら彼女らが面白いと思った作品や表現を、
自分たちの職場に展示してもらいました。
カフェやホステルといった多様な人たちのハブとなる空間に、
日ごろからその場で過ごしているスタッフたちが、
自分たちの選んだ作品や表現を、自分たちの考えた方法で展示する。
この展覧会は、特定の切り口から多様な表現を楽しむ
従来のキュレーションとは異なる、個人的な視点を出発点に
アートの多様さを浮かび上がらせる試みです。
アートとの不意な出会いを楽しんでいただくとともに、
みなさんならどの作品を選び、どんなふうに飾るか、思いをはせてみてください。
(ホームページより引用)

※専用ページはこちら
主  催:一般財団法人たんぽぽの家<障害とアートの相談室




スポンサーサイト



| コーナス | 18:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://corners.blog73.fc2.com/tb.php/705-047050b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT